マウンテンバイク試乗体験会を行います。(追記あり)

11/4に”MTB4時間耐久イン木城”が開催されますが、大会に参加してみたいけどマウンテンバイク乗ったことないとか、舗装路走行ばかりで未舗装路はでちょっと恐いな・・・って方、向けにマウンテンバイク試乗体験会を企画しました。

日時 : 2018年9月30日(日) 9時半受付開始 10時開始 ※雨天時は中止

場所   :  木城町川原自然公園 MTBコース周辺

参加費 : 400円(コース使用料、管理費として)

      ※レンタルの場合 マウンテンバイクレンタル料別途(1,000円)

内容  :

① 準備体操、車体チェック

② 基本動作(ブレーキ、変速操作など)

③ コースを使って体験走行 を予定(時間次第で一部変更有り)

定員  : 5名程度 (人数多い場合は午前、午後の2回行います)

締め切りは9/28(金)とさせていただきます。

申し込み方法はメール(info@sharakuya.com) でお願いします。

 ①氏名 ②年齢 ③連絡先 ④マウンテンバイク所有の有無 ⑤マウンテンバイク歴 を教えてください。 

今回、マウンテンバイク未経験者、初心者の方を対象とさせていただきます、自然の中でマウンテンバイクにチャレンジしてみませんか?

※途中写真撮影を行い模様をSNS、HP等でアップさせていただきますのでご了承ください。

  

SCOTTのマウンテンバイクを持っていきますので試乗もできますよ!試乗はキャリア問いません。(こちらはコース使用料400円のみでコース試乗いただけます)

質問、ご不明な点はメールか0985-86-8011(当店)まで エントリーお待ちしております。

※ 今週末、台風接近よる天候不良が予想されます、土曜日(29日)に開催の判断を行う予定です。 中止か順延かも合わせてお知らせいたします。

 

メリダの2019モデルは?

更新が遅くなりました・・・(汗)

SCOTTの展示会翌日はMERIDAの展示会に行ってきました。

一部ご紹介します。

MERIDAのE-BIKEが発売されます。シマノ製のユニットを搭載 してます。(eBIG.SEVEN 600  359,000円 税別)

フルサスモデルも展示してありましたがリリースはもうちょっと先のようですね、楽しみです。

 

バーレーンモデルは紺色から黒になってよりシックな感じになりました。個人的には紺色が良かったんだけどなぁ・・・。(写真はスクルトゥーラ4000 199,000円)

  スクルトゥーラ5000 249,000円

小柄な方用の10シリーズ、19モデルもありますよ♪ スクルトゥーラ410 149,900円

 カーボンモデルの4100 199,000円

トライアスロンモデル WARP5000 完成車 550,000円 フレーム 319,000円

  REACTO6000 449,000円

 REACTO5000 289,000円は2カラー展開

シクロモデルもラインナップ! ミッションCX8000-E 700,000円 (上段) ミッションCX5000 349,000円

 トラックモデル REACTO TRACK500 119,900円

 SILEX 400 209,000円

フラットバーロード GRANSPEED 100-D 79,900円

 

クロスウェイシリーズは渋めなカラーがいいですね。 右100-R 55,900円 左200-MD 61,900円

気になるマウンテンバイクは

  BIG.TRAIL400 159,000円

 BIG.NINE TEAM 850,000円

 入門モデル BIG.NINE100 84,900円

 カーボンフルサスバイク ONE-TWENTY9.6000 459,000円

メリダの19モデルも要チェックですよ!早速一部入荷してますのでお楽しみに!

※当店はMGD(メリダ・グローバル・ディーラー)です。

SCOTT 2019 モデルはいかが?

これまた先日スコットの2019モデルの展示会に行ってきました。

 

この飴ちゃんを見ると来たなって感じがします(笑)

展示されてたバイクから一部ご紹介します。

まず、お休みだったクロスバイクが復活します。

SUB CROSS J1、J2(J1 75,000円税別、J2 58,000円税別)

J1とJ2の違いはディスクブレーキが油圧か機械式かと9速か8速かってとこです。

今までにないマウンテンバイクっぽいルックスでカッコいいですね!

個人的に気になったのが  アディクトSEディスク (490,000円!!税別)

HMFカーボンを使い、R8000アルテグラ(Di2!)、油圧ディスクを搭載してこの価格は驚きです!

タイヤは32Cになります。

  

 

  

エアロバイクのフォイルシリーズはブレーキは キャリパーとディスクと展開、全体的にディスクモデルが増えてきました。

 FOIL 20 Disc  459,000円(税別)

  FOIL 10 Disc Di2 729,000円(税別)

スピードスターにもディスクブレーキモデルが登場してます(写真撮り忘れました…汗)

 スピードスター30  110,000円(税別)

 アディクトRC PRO Disc 929,000円(税別)

 アディクト20 269,000円(税別)

 アディクト 20 Disc 309,000円(税別)

気になるマウンテンバイクは好評のフルサスバイクが充実!ジニアスに29インチモデルが追加されました!

 GENIUS 900 TUNED 939,000円

 人気だったのが GENIUS760 お手頃価格の299,000円!

ジニアスはピボットの位置を変えることで27.5インチ、29インチと使い分けることが可能です。

 SPARK RC900 WORLDCUP 829,000円

  こちらも人気だった SCALE980 135,000円(税別)

 SCALE990 109,000円(税別)

アスペクト750(27.5インチ)950(29インチ) 68,000円(税別)

街乗りに、入門用に最適なアスペクトシリーズは19年モデルにもラインナップされてます。

 

 GENIUS710 699,000円

 GAMBLER710 799,000円

SPARK RCの最上位モデル 900SL(1,399,000円!)には新型XTRだけでなくスポークまでカーボンのかなり思い切ったホイールが奢ってありました・・・スゴ過ぎ。

 

ジュニア車も充実して、シクロモデル、ラインナップ!

 GRAVEL24 89,000円(税別)

 スコットはアクセサリー類も充実。シンクロス製品も合わせて新製品が展示されてました。

  

まだまだ新製品展開してる2019のSCOTT。月曜日まで早期予約承り中です(特典有り!!)

頭からつま先までコーディネイトできます、この機会にいかがでしょうか?

E-BIKE、電動アシスト自転車乗ってきました。

ちょっと前の話ですが先月、パナソニック電動アシスト自転車の展示会、講習会に参加させていただきました。

宮崎県内の電動アシスト自転車の普及率は九州内でも下位なんです。

電動アシスト自転車での通学を認めてない学校もありますし、軽快車より高価だし、宮崎市内は平坦が多いですし、あまり必要ないからというのが現状でしょうか。修理で来られるアシスト車を見ると県外で購入されてる方(転勤族)が多いようです。

業界では一般車より電動アシスト車の売上は急激に伸びており、メーカーさんによっては一般車より電動アシストに生産をシフトしてきてます。理由としては、技術の進歩による低価格化、乗る方の高齢化(免許返納して電動アシストに乗り換え)、用途の多様性・・・などあると思いますが今後、宮崎県内でも需要が増えてくると思います。(増えてきてほしいです)

今回の目玉はハイパフォーマンスモデルのMX2とXU1 。

MX2はXM1に内装2段変速が追加され、バッテリー容量が増え、フロントフォークも長くなり、より本格的になりました。

XU1はXM1をクロスバイク風にアレンジしたモデルになります。

 

 

 

 

会場で試乗させていただきました。個人的に一番気になっていたXM2の内装2段変速ですが切り替えはボタンでワンタッチ!電動ですのでスムーズに変速します。

1段目29T、2段目41Tに相当するのでフロントギア2枚仕様のマウンテンバイクのような感覚で山や林道でより効果を発揮しそうな印象でした。車体の重さは感じなかったです。

ロングライドモデルになるジェッター(150,000円税別)にも試乗しましたが、正直パワーはXM1が圧倒的に上で思った以上の差に驚きました。それでも十分アシストしてくれますよ。

通勤、街乗りならジェッター、本格的なサイクリングならXM1、XU1がおススメってところでしょうか。

街乗りや、お買い物でしたらグリッターいいですね。背の高いバスケットもポイント高いです。

スポーツの秋もそろそろです。自転車には乗ってみたいけど体力に自信が…とか周囲が坂道が多くて乗れなくて…なんて事で自転車を敬遠されてる方、電動アシスト自転車に乗ってみませんか?

当店にはXM1の試乗車ございます、アシスト具合をぜひ乗って体験してください。

電動アシスト自転車はパナソニック、ミヤタ(E-bike)を取り扱ってます。

E-BIKEって邪道でなくない?

ブームになりつつある(情報の遅い宮崎でも早くなってほしい・・・)E-BIKE(電動アシストスポーツ自転車)のお話。

当店でも試乗車置いたり、イベント時に試乗いただいたりしてますが、好評いただいてる半面、敬遠されたり、「電動なんて邪道だよ」なんて言われたり、まだまだE-バイクを正しく知っていただけてない感じ。

確かに手伝ってくれるので楽なんですがあくまでアシストなんで漕がなきゃ走らないし、国内規制で時速24km/h過ぎたらアシストはカットされるしでスピードを出せば自転車に戻ってしまいます。そもそもE-バイクは速く走る自転車ではなく、楽して乗っていただく自転車、なのでレース志向の方には無用のものなのでしょう。

たとえば山間部にお住まいの方、坂道が多いエリアにお住まいの方、サイクリングしたいんだけど脚力に自身がない方、トレーニングでお子さんのサポートに自転車を使う方・・・にはもってこいなんじゃないかと思います。

国内でもE-BIKEの波はどんどん押し寄せてきてるわけで先日シマノのテクニカルセミナーを受講してきました。内容はほぼシマノ製の電動ユニット「STEPS(ステップス)」の説明でした。

TEPSは2014に欧州向けに開発されたもので今回日本向けのレギュレーションにあわせた新型ユニットを搭載したE-BIKEが各完成車メーカーから発売されるのでそのためのセミナーでした。

セミナー参加後、ミヤタサイクルの展示試乗会に参加して試乗してきました。試乗したのはこの2台。

CRUISE(クルーズ)269,000円(税抜価格、充電器含む)※写真はオプション装着仕様車

一回充電走行時間の目安 :ECO 115km ノーマル106km HIGH 78km

完成車重量:18.7kg(ペダル付き!)  シフト段数 フロント1速×リア9速

   

ボトルケージも取り付け可能でバッテリーとサークル錠が共通なので使い勝手もいいです。

写真ありませんが駆動用バッテリー電源のヘッドライトを装備してます。

実績のあるメリダのクロスバイクとほぼ同じジオメトリーを採用し、大容量36V/11.6Ahのバッテリーを搭載してクラス最長の115km!の走行距離を実現してます。漕いでからじわっと加速して車重も気にならず、サクサク乗れました。クロスバイクに乗ってる方は違和感なく乗れます。

シマノ油圧のディスクブレーキ、シマノアリビオのコンポを使って安心、安定感あるE-BIKEでした。

もう1台はRIDGE-RUNNER(リッジランナーミヤタの往年のマウンテンバイク名がE-BIKEで復活です!

トップチューブ短めでちょっとずんぐりむっくり感あるルックスだったので、正直あまり期待はしていなかったのですが・・・見事に期待を裏切られました、すごくまとまりのある楽しいE-BIKEでした。

369,000円(税抜、充電器付き)

一回充電走行距離の目安 ECO 140km ノーマル 130km HIGH 95km

完成車重量:21.3kg シフト:フロント1速×リア10速

ちゃんとボトルケージが取り付けられます(ここ大事ですね!)

最新の27.5PLUS、BOOST規格を搭載し、クルーズ同様メリダのトレイルマウンテンバイクのジオメトリーを採用して非常にまとまりのあるフレームに27.5×2.8のセミファットタイヤ、130mmストロークのフロントフォークにSTEPSを合わせたE-マウンテンバイクです。

 

ハンドル幅は740mmあり、フレームは2.8kgのユニットがあっても影響のない、しっかり補強が入っていますのでメーカーさん曰く、トレイルで使っても全く問題ないとのことで乗って楽しい仕上がりとなってました。ドロッパーポストも標準装備なのはうれしいですね。登りをアシスト使ってトレイルライドなんて楽しいでしょうね。

肝心のアシストはパナソニック製(XM1)と比べるとモーター音も小さく、ドカンと加速するわけでもないんでおとなしい感じはしますが、しっかり(さりげなく)アシストしてくれますし、あまり尖った感がないので女性、年配の方も安心して乗っていただけるのではないかと思いました。

今までのスポーツ自転車の概念を変えるE-バイク、思わず笑顔になること間違いなしです、乗ってみませんか?試乗できますのでぜひ乗ってみてください。

※当店試乗E-バイクはパナソニックXM1のみ(3/3現在) クルーズ試乗車は3月中到着予定です、予約、申し込みは随時行っております。