自転車を洗います?洗います‼

当店のSNS、HPで度々ご紹介してます “自転車洗車” 。

おかげさまで好評をいただいております。

元々マウンテンバイクに乗ってるし、洗車するのは当たり前だと思っていた身なのですが普通は洗わないし、店先で高圧洗浄機で洗っていると今でも不思議そうな目で見られます。

「自転車って洗うの?」なんて言われたこともあります(苦笑)

当店が本格的に洗車に注力し始めたのは開業前から使っていたヴィプロスからゴキゲンな洗浄剤が出たのとラバッジョ(イタリア語で洗車)普及活動をしている元NIPPOのメカニック福井さんとの出会いがきっかけでした。

彼から教わった洗車術は短時間であっという間にピカピカになるだけではなく、自転車の性能を引き出すものでした。

また、洗ってる姿もカッコよかったり、そこも本場で鍛えられた洗車術でした。

ビフォーアフターをちょっとご紹介。洗車時間は10分くらい。拭き上げ注油までして20分くらい。軽快車など汚れがひどいのでも3、40分くらいでしょうか。

作業前にヴィプロス“グゥーキンα”を塗布した後、水洗いして洗剤で洗うと・・・

※ 洗浄剤のグゥーキンαは水に触れると乳化し、固形化しますので使用前に自転車表面の水分を飛ばしてから使うと作業効率が上がります。濡れた刷毛での使用は刷毛が使いにくくなりますので乾いた刷毛をお勧めします。

 

 

 

 

チェーンとスプロケット(後ろギア)は常に回転し、ほこりや泥を拾い真っ黒になるだけでなく放置すると油分が抜けた後、錆や軋み音が発生し、摩耗や劣化が早く進行します。

しっかり洗浄、注油すると摩擦抵抗が減り、変速がスムーズになるだけでなく消耗を抑えることが出来ます。効果はテキメンで違いは5m乗らなくても判ります。

 

これだけきれいになります、皆さん驚かれます。

軽快車の前フォークの内側は長年のブレーキ汚れがなかなか落ちないので“グゥーキンα”で洗った後“ザ・ソルブ”との併用になります。それなりに時間がかかりますがここまで落ちると見た目が激変します。

 

ホイールの汚れはブレーキの制動力低下、音鳴りの原因になり駆動系同様、運動性能低下に直結します。上の写真と同じような作業でこれだけきれいになります。もちろんブレーキもよく効くようになります。

 

洗車後はワックスをかけた後、可動部の注油をして完了となります。注油に使うオイルはもちろんヴィプロス!使う箇所でオイルを使い分けます(詳しくは当店にて)

これから暖かくもなり、自転車の稼働率が高くなるかと思われます。

自転車には車やオートバイと違い車検がありません。乗りっぱなしになりがちですが洗車と合わせてしっかり点検整備を行ってからお使いになることをお勧め致します。

もちろん当店でも承りますのでお気軽にご相談ください。他店購入車両でも洗わせていただきます。

自転車も“車”。せっかく乗るならギシギシ鳴く自転車じゃなくキレイで安心な自転車に乗りませんか?

車楽屋輪店の洗車、点検ぜひお試しください。

SRAM EAGLE AXS 見に行ってきました。

話題のワイヤレス変速システム  SRAM EAGLE AXS(アクセス)

先週の水曜日、展示発表会に行ってきました。

 空路久しぶりの大阪へ。

会場に到着するとダートフリーク号を発見!

 

  展示車のケーブル類はブレーキホースのみで見た目がすっきり♪

 

Eagle AXS コンポとご対面。レインボーカラーのカセットとチェーンが素敵すぎます、芸術品ですね。

セット内容はクランク(X01は32T、XX1は34Tが付属、イーグル12Sカセット、チェーン、リアディレイラー、シフター、バッテリー、充電器になります。(BBは別途)

シフターにもちろんケーブルがありません、ボタン電池で稼動します。専用ドロッパーポストと合わせてカスタマイズも可能です。

 

AXSの心臓部とリアディレイラー。専用バッテリーで稼動します。1時間の充電で20時間以上走行可能です。バッテリーの交換はめっちゃ簡単です。

心配なのはハードライディングでヒットさせて場合、過負荷クラッチを装備しているので衝撃が加わると瞬間的にモーターのギアが外れ、破損を防ぐとてもお利口な機能です。多少のことではへこたれないディレイラーでした。

  

別売のドロッパーポストの Reverb AXS(リバーブ アクセス)。こちらもワイヤレス!有線式と比べてセットアップの手間が大幅に軽減されますね。無線なのでレスポンスが非常に速いです。

バッテリーはリアディレイラーと共通なのでセットで使った際、シフト側がバッテリーが切れた場合、その場で付け替えてリカバーすることもできます!

ポスト径は 30.9、31.6、34.9mmの3種類のラインナップです。

気になるお値段は・・・

 XX1 Eagle AXS セット(クロスカントリー向け、軽量バージョン) 278,000円(税別)

 X01 Eagle AXS セット(エンデューロ、トレイル向け)267,000円(税別)

ドロッパーポストの Reverb AXS 108,000円(税別)

となっております。人気、注目のアイテムなので現在入荷待ちの状態です、当店でもご予約受付中です。

ワイヤレス化してすっきりとシャキッとしたマウンテンバイクにチャレンジしてみませんか!

※当店はマウンテンバイク用のみの取扱いとなります。

マウンテンバイク試乗体験会を行います。(追記あり)

11/4に”MTB4時間耐久イン木城”が開催されますが、大会に参加してみたいけどマウンテンバイク乗ったことないとか、舗装路走行ばかりで未舗装路はでちょっと恐いな・・・って方、向けにマウンテンバイク試乗体験会を企画しました。

日時 : 2018年9月30日(日) 9時半受付開始 10時開始 ※雨天時は中止

場所   :  木城町川原自然公園 MTBコース周辺

参加費 : 400円(コース使用料、管理費として)

      ※レンタルの場合 マウンテンバイクレンタル料別途(1,000円)

内容  :

① 準備体操、車体チェック

② 基本動作(ブレーキ、変速操作など)

③ コースを使って体験走行 を予定(時間次第で一部変更有り)

定員  : 5名程度 (人数多い場合は午前、午後の2回行います)

締め切りは9/28(金)とさせていただきます。

申し込み方法はメール([email protected]) でお願いします。

 ①氏名 ②年齢 ③連絡先 ④マウンテンバイク所有の有無 ⑤マウンテンバイク歴 を教えてください。 

今回、マウンテンバイク未経験者、初心者の方を対象とさせていただきます、自然の中でマウンテンバイクにチャレンジしてみませんか?

※途中写真撮影を行い模様をSNS、HP等でアップさせていただきますのでご了承ください。

  

SCOTTのマウンテンバイクを持っていきますので試乗もできますよ!試乗はキャリア問いません。(こちらはコース使用料400円のみでコース試乗いただけます)

質問、ご不明な点はメールか0985-86-8011(当店)まで エントリーお待ちしております。

※ 今週末、台風接近よる天候不良が予想されます、土曜日(29日)に開催の判断を行う予定です。 中止か順延かも合わせてお知らせいたします。

 

メリダの2019モデルは?

更新が遅くなりました・・・(汗)

SCOTTの展示会翌日はMERIDAの展示会に行ってきました。

一部ご紹介します。

MERIDAのE-BIKEが発売されます。シマノ製のユニットを搭載 してます。(eBIG.SEVEN 600  359,000円 税別)

フルサスモデルも展示してありましたがリリースはもうちょっと先のようですね、楽しみです。

 

バーレーンモデルは紺色から黒になってよりシックな感じになりました。個人的には紺色が良かったんだけどなぁ・・・。(写真はスクルトゥーラ4000 199,000円)

  スクルトゥーラ5000 249,000円

小柄な方用の10シリーズ、19モデルもありますよ♪ スクルトゥーラ410 149,900円

 カーボンモデルの4100 199,000円

トライアスロンモデル WARP5000 完成車 550,000円 フレーム 319,000円

  REACTO6000 449,000円

 REACTO5000 289,000円は2カラー展開

シクロモデルもラインナップ! ミッションCX8000-E 700,000円 (上段) ミッションCX5000 349,000円

 トラックモデル REACTO TRACK500 119,900円

 SILEX 400 209,000円

フラットバーロード GRANSPEED 100-D 79,900円

 

クロスウェイシリーズは渋めなカラーがいいですね。 右100-R 55,900円 左200-MD 61,900円

気になるマウンテンバイクは

  BIG.TRAIL400 159,000円

 BIG.NINE TEAM 850,000円

 入門モデル BIG.NINE100 84,900円

 カーボンフルサスバイク ONE-TWENTY9.6000 459,000円

メリダの19モデルも要チェックですよ!早速一部入荷してますのでお楽しみに!

※当店はMGD(メリダ・グローバル・ディーラー)です。

SCOTT 2019 モデルはいかが?

これまた先日スコットの2019モデルの展示会に行ってきました。

 

この飴ちゃんを見ると来たなって感じがします(笑)

展示されてたバイクから一部ご紹介します。

まず、お休みだったクロスバイクが復活します。

SUB CROSS J1、J2(J1 75,000円税別、J2 58,000円税別)

J1とJ2の違いはディスクブレーキが油圧か機械式かと9速か8速かってとこです。

今までにないマウンテンバイクっぽいルックスでカッコいいですね!

個人的に気になったのが  アディクトSEディスク (490,000円!!税別)

HMFカーボンを使い、R8000アルテグラ(Di2!)、油圧ディスクを搭載してこの価格は驚きです!

タイヤは32Cになります。

  

 

  

エアロバイクのフォイルシリーズはブレーキは キャリパーとディスクと展開、全体的にディスクモデルが増えてきました。

 FOIL 20 Disc  459,000円(税別)

  FOIL 10 Disc Di2 729,000円(税別)

スピードスターにもディスクブレーキモデルが登場してます(写真撮り忘れました…汗)

 スピードスター30  110,000円(税別)

 アディクトRC PRO Disc 929,000円(税別)

 アディクト20 269,000円(税別)

 アディクト 20 Disc 309,000円(税別)

気になるマウンテンバイクは好評のフルサスバイクが充実!ジニアスに29インチモデルが追加されました!

 GENIUS 900 TUNED 939,000円

 人気だったのが GENIUS760 お手頃価格の299,000円!

ジニアスはピボットの位置を変えることで27.5インチ、29インチと使い分けることが可能です。

 SPARK RC900 WORLDCUP 829,000円

  こちらも人気だった SCALE980 135,000円(税別)

 SCALE990 109,000円(税別)

アスペクト750(27.5インチ)950(29インチ) 68,000円(税別)

街乗りに、入門用に最適なアスペクトシリーズは19年モデルにもラインナップされてます。

 

 GENIUS710 699,000円

 GAMBLER710 799,000円

SPARK RCの最上位モデル 900SL(1,399,000円!)には新型XTRだけでなくスポークまでカーボンのかなり思い切ったホイールが奢ってありました・・・スゴ過ぎ。

 

ジュニア車も充実して、シクロモデル、ラインナップ!

 GRAVEL24 89,000円(税別)

 スコットはアクセサリー類も充実。シンクロス製品も合わせて新製品が展示されてました。

  

まだまだ新製品展開してる2019のSCOTT。月曜日まで早期予約承り中です(特典有り!!)

頭からつま先までコーディネイトできます、この機会にいかがでしょうか?